新米主婦日記

家事が苦手な新米主婦の、つぶやき、気づき日記です。

カサンドラ疑惑(2)

 


先日ここに書いた本「夫がアスペルガーと思ったとき妻が読む本」。

その中から共感した部分とか、ためになったことをかいつまんで。(原文じゃなくてまとめ)

後半!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夫がアスペルガーと思ったときに妻が読む本 [ 宮尾 益知 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/1/21時点)


 

 

AS(アスペルガー)である父たちが冷たい発言をするとき、彼らは本当のことを言っているという気持ちがあります。悪意がないから謝る必要も感じない。

 

お金を他者とともに持つことに極端に抵抗感がある。

ASには妻の家での働きが見えていないことが多い。妻や母という仕事について夫に伝える必要がある。

理解に数字を用いがち。人間をも数字で評価しがち。

 →やったことないし、何をしてるか見えないから、想像できないのだろう。

 

私たち〇〇家みたいなチーム感。チームの幸福のためという視点がよい。

他の家庭ではこうしてる、と考え方や動向を情報として伝えておくことも、家族をすること、父親をすることのヒントになる。

また、家庭には柔軟性があることも伝える。

 

妻の父親に、夫がASであることを知ってもらい、働きかけてもらうと、そこは夫にとって家庭の問題でなく社会の問題になる。

社会化と目的化はAS男性にとって不可欠。彼らの得意とする問題解決への動機づけになる。

→旦那さん、実のパパのことは尊重している感じがあるもんね。ママのことはマザコンのくせに見下しているが..。うちはもう父がいないけど、弟とかとも繋がりをもたせたらいいかも。

 

先の展開が予想できないから、不安を持ちやすい。常に自分の中に確信をもてない。相手の世界を想像できないから、疎外感を持ちやすい。

相手から自分を認める肯定的なメッセージがないと、相手を敵と認識する。そんなとき彼らは恐怖を感じている。

 

夫が爆発するパターンに気づき、爆発を回避する。

→夫はキレて義母さんに私の行動を告げ口する(文句言う、親づてのお見合い結婚だからって、親のせいにしてキレるらしい。義母さんいわく、仕事のストレスの八つ当たりみたいな部分もあると思う、と)

これが何をきっかけに言い出すのかが気になる。

この前は、私が用事で帰りが夫より遅かったときかも。

 

自分自身が利用されてるのでは、という不信感を持ちがち。

カレンダーに予定を書くなどもいい。

妻の予定や先の行動がわからないから不安。

 

家庭生活でしてほしいことを伝える。

してほしいことを妻にも言って、と伝える。

(お互いに「してほしいこと」の明確化)

ASは非言語コミュニケーションが苦手。ほぼ言語コミュニケーションだのみ。言下は理解できない。

 

夫への情報提供 大事。

家の中では何したらいいか分からないから何もしない。

 

一回成功したこと(相手を喜ばせたこと)を繰り返しがち。

→嬉しかったことは、はっきり嬉しいと伝える。そうすればもっとやってくれるはず。

 

 

まとめてみると

  • 他者(特に男性)を巻き込む。2人だけの家庭にせずに、社会化する。(そうしたほうがASはがんばってくれる)
  •  家庭内の情報、妻の予定、家庭でやってほしいこと、を明確化、見える化する。
  • なるべく相手への肯定的メッセージをこまめに発信する。

 

まだ続きます~。

 

 

応援してね↓

好きなほうをクリックしてください

にほんブログ村 主婦日記ブログ 新米主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村